2010/07/13

Back to white brain

 ある意味、年功序列といえるかもしれないですが、仕事の質が変わってきました。以前は、大きな仕事がいくつか、という形で日々が流れていたのが、この数年では、細かい仕事が多数、というようになってきました。

 数がとにかく多いです。そうなると今度は、物忘れが多くなってきました。

 英語もしかりで、昔は頭に入っていたidiomがボロボロと抜け落ちたりしています。

 悪いことのように聞こえるかもしれませんが、そうとも限らず、仕事では不便をしたりしますが、BASIC Englishを見つめ直すには頭の状態がちょうど良い感じです。

 Windows Vistaは、Microsoft社の大失敗作で、不評が相次ぎ、Vistaのシェアはとうとうその先代のWindows XPを超えることができず、Windows7が登場しました。
 Vista時代も、ユーザーの要望には逆らえず、ほとんどのパソコンが標準搭載OSは一応Vistaだけれど、購入時にXP搭載を選択できるDown-gradeというシステムが定着していました。前代未聞でしたね。

 BASIC Englishに慣れていこうとする時、多くの人に、ちょうどこれと似たようなジレンマが起こります。
 つまりBASIC Englishを理解していく上で、頭が「Vista状態」では邪魔なんです。
 脳が、英語にほとんど通じていないDown-gradeな状態が学習しやすいと思います。BASIC Englishでいうなら、White-brainedとでもなるでしょうか。

 英語についての知識が落ち始めているいま、ぼくの頭はWhiteまで行きませんがGreyあたりまでスカスカしていて、わりと基本成書を読みやすいです。

| | コメント (0)

2009/01/02

The Basic Words

BASIC Englishの基本中の基本書籍、“The Basic Words” は絶版になって長らく入手困難になっていましたが、近く復刊することが決まったようです。

これはBASIC Englishユーザーには非常な朗報です。これでBASIC Englishの裾野がさらに広がることを期待したいと思います。

| | コメント (6)

2007/12/07

齋藤兆史「日本人と英語」(研究社)

表題の本、読んでみました。

続きを読む "齋藤兆史「日本人と英語」(研究社)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/12

連載「Basic English誕生の時代背景」(6)

1932年に起こったことを振り返ります。この年、C.K.OgdenはBasic Englishを発表します。日本では政党政治の終焉と軍部政権の始まりとなる五・一五事件がおこりました。さらに日本は、ついに戦争のきっかけとなる傀儡国家満州国を建国したのがこの年でした。

一方で、科学とくに物理学は原子論でブレークスルーを果たし、飛躍的な発展への扉を開いた年でもありました。

続きを読む "連載「Basic English誕生の時代背景」(6)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/10

連載「Basic English誕生の時代背景」(5)

1931年に起こったことを振り返ります。満州事変勃発し、いよいよ戦争の到来が現実のものとなりました。OgdenがBasic Englishを発表する前年です。

続きを読む "連載「Basic English誕生の時代背景」(5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/07

連載「Basic English誕生の時代背景」(4)

1930年に起こったことを振り返ります。戦争の予感と、世界の文化交流が交錯して、先の見えない混迷さを感じます。今年の先日、太陽系から除外された冥王星が発見されたのもこの年でした。

続きを読む "連載「Basic English誕生の時代背景」(4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/04

連載「Basic English誕生の時代背景」(3)

1929年にあったことを振り返ります。戦争の予感と、近代科学の発達が目立ちます。

続きを読む "連載「Basic English誕生の時代背景」(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連載「Basic English誕生の時代背景」(2)

Basic English前夜とも言える1920年代後半は、各地でのちの戦争の火種となる出来事が起こりながらも、一方で、現代への扉を開くような文化的な出来事が次々と開花していました。

続きを読む "連載「Basic English誕生の時代背景」(2) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/03

連載「Basic English誕生の時代背景」(1)

C.K.Ogdenが850語からなる英語の体系、Basic Englishを発表したのは1932年のことでした。ちょうど、第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の頃で、当時は「戦争はいつどこで起こっても当たり前」という感覚を誰もがもっていたことでしょう。OgdenがBasic Englishを発案した動機の一つには「世界中の人が、同じ言葉で意思の疎通をできれば、戦争は防げる」ということがあったことと思います。

続きを読む "連載「Basic English誕生の時代背景」(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

連載目次「Basic English誕生の時代背景」

C.K.OgdenがBasic Englishを発表した当時の時代背景を探っていきます。

■目次

(1)1927年 | (2)1928年 | (3)1929年
(4)1930年 | (5)1931年 | (6)1932年

■関連リンク

- Basic English メーリングリスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)