2010/07/13

Back to white brain

 ある意味、年功序列といえるかもしれないですが、仕事の質が変わってきました。以前は、大きな仕事がいくつか、という形で日々が流れていたのが、この数年では、細かい仕事が多数、というようになってきました。

 数がとにかく多いです。そうなると今度は、物忘れが多くなってきました。

 英語もしかりで、昔は頭に入っていたidiomがボロボロと抜け落ちたりしています。

 悪いことのように聞こえるかもしれませんが、そうとも限らず、仕事では不便をしたりしますが、BASIC Englishを見つめ直すには頭の状態がちょうど良い感じです。

 Windows Vistaは、Microsoft社の大失敗作で、不評が相次ぎ、Vistaのシェアはとうとうその先代のWindows XPを超えることができず、Windows7が登場しました。
 Vista時代も、ユーザーの要望には逆らえず、ほとんどのパソコンが標準搭載OSは一応Vistaだけれど、購入時にXP搭載を選択できるDown-gradeというシステムが定着していました。前代未聞でしたね。

 BASIC Englishに慣れていこうとする時、多くの人に、ちょうどこれと似たようなジレンマが起こります。
 つまりBASIC Englishを理解していく上で、頭が「Vista状態」では邪魔なんです。
 脳が、英語にほとんど通じていないDown-gradeな状態が学習しやすいと思います。BASIC Englishでいうなら、White-brainedとでもなるでしょうか。

 英語についての知識が落ち始めているいま、ぼくの頭はWhiteまで行きませんがGreyあたりまでスカスカしていて、わりと基本成書を読みやすいです。

| | コメント (0)

2010/07/09

更新が空いてしまいました:『梅雨もどき』を経験して思う

ずいぶん更新が空いてしまいました。

続きを読む "更新が空いてしまいました:『梅雨もどき』を経験して思う"

| | コメント (0)