« "-ing"変化と語義のpositioning | トップページ | give+名詞に関連して »

2010/07/25

語義のpositioning(続き)

Ogdenが落とし所にしたBASIC Englishの850語のうち、Thingsと名付けられ内訳に"General"というものが400語、"Pictured"と名付けられたものが200語あります。

要するにこれらは「名詞」という風に教えられているものですね。

■Things general の例

education
effect
end

"e"のところから挙げてみました。この三つだけでも分かるように、抽象性の高い語彙がまとめられています。

■Things pictured の例

picture
pig
pin

今度は"p"のところから挙げてみました。picturedとnamingしているように、絵で描いてみせることができる語彙が入っています。

さて話題は語義のpositioningでした。Ogdenは、これら二種類に大別されるThingsの語尾を-ingと変形させることで、意味の方向性を出現させるとしています。

具体的には、pictureをpicturingと変化させるような語尾変化です。

このとき、元のpictureが内包していたroot sense次第で、語義の方向性が落とし込まれていきます。

受験英語的に、「picture=絵または写真ただし例外がいくつか有り」というようなsensingで頭の中に収納していると、この時の語義の新たなpositioningが推察できません。結果、picturingが出てくるような例文をいくつか唱えて、picuringという別の単語の語義を頭に入れる、という作業になっていきます。これが「記憶負担」(memory necessary with no profit)になってしまうと思います。

こういうことを数々の単語にあまねく行っていると、英語を使いこなすことがしんどくなっていきます。

ボタンの掛け違えみたいな性格があって、BASIC Englishでの方法論のように、まずThingsとして各語のspace of senseを把握しておくと、-ingという語尾変化をさせた時にanother positioningがだいたい見当を付けることができます。

疲れてきたので、きょうの模索はここまでとして、また記事を改めます。

|

« "-ing"変化と語義のpositioning | トップページ | give+名詞に関連して »

語尾変化」カテゴリの記事

語義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« "-ing"変化と語義のpositioning | トップページ | give+名詞に関連して »