« 連載目次「Basic English誕生の時代背景」 | トップページ | 連載「Basic English誕生の時代背景」(2) »

2006/11/03

連載「Basic English誕生の時代背景」(1)

C.K.Ogdenが850語からなる英語の体系、Basic Englishを発表したのは1932年のことでした。ちょうど、第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の頃で、当時は「戦争はいつどこで起こっても当たり前」という感覚を誰もがもっていたことでしょう。OgdenがBasic Englishを発案した動機の一つには「世界中の人が、同じ言葉で意思の疎通をできれば、戦争は防げる」ということがあったことと思います。

この1932年という時点が、どういう時代の流れの中に位置づけられていたのかを知ることは、Basic Englishを知る上で、とても有意義なことだと言えます。

そこで、デジタル百科事典「マイクロソフト・エンカルタ2006」の世界史年表をひもといて、この1932年周辺にどんなことが世界で起こっていたのかを、綴ってみることにします。

まずはBasic English誕生の5年前、1927年に目を向けてみます。

■1927年

●ベーブ・ルース、ホームラン60本(アメリカ)

アメリカ大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースのベーブ・ルースが、1921年にみずからがうちたてた年間59本の1シーズン・ホームラン記録を更新。9月だけで17ホーマーをはなち、せりあっていたチームメートのルー・ゲーリッグ(54本)をひきはなしてホームラン王となった。

●アカデミー賞制定

スキャンダルにまみれたハリウッド映画界のイメージを一新し、映画作品の質の向上をはかるために映画産業人が「映画芸術科学アカデミー」を設立し、アカデミー賞を制定した。授与式は1929年からはじまり、ハリウッドの年中行事のひとつとなっている。受賞者にあたえられる金メッキのブロンズ像はこれにつけられたニックネームから31年からオスカーとよばれるようになった。

●世界初のトーキー映画「ジャズ・シンガー」(アメリカ)

サイレント(無声映画)からトーキー(発声映画)への移行は速やかにすすんだ。1926年にワーナー・ブラザーズ社がはじめて実用的なトーキーを導入。翌年、同社は初めてのフィルム式の全編トーキー映画「ジャズ・シンガー」を公開した。主演はアル・ジョルスン。トーキー化は映画の根本的な技術革新を生んだだけでなく、声のわるいスターたちも銀幕の世界からおいだしていった。28年にはトーキー映画の理論的基礎となった、ソビエトのエイゼンシュテインらが書いたトーキー・モンタージュ論「トーキーに関する宣言」が発表されている。

●4月、上海クーデタ、国共分離(中国)

左派指導下の中国国民党が、軍事を掌握して独裁化する蒋介石を国民革命軍総司令から解任すると、反共姿勢を強めていた蒋介石は、北伐途中の1927年4月、上海で反共クーデタを決行した。蒋介石は南京政府を樹立し、国民党の武漢政府(国民政府)に対抗した。7月には武漢でも反共クーデタがおき、国共合作は崩壊、武漢政府は屈服して南京政府に合流した。武漢からしりぞいた共産党は紅軍を組織する。

●1927年5月21日 リンドバーグが大西洋横断単独無着陸飛行(アメリカ)

アメリカの飛行家チャールズ・リンドバーグがニューヨーク~パリ間約5800kmの大西洋横断単独無着陸飛行に成功した。リンドバーグは5月20日午前7時52分に愛機スピリット・オブ・セントルイス号で、ニューヨーク郊外のルーズベルト飛行場をとびたった。睡魔とたたかいながら33時間32分後にパリに近いル・ブールジェ空港に到着。この飛行でリンドバーグは、懸賞金2万5000ドルを手にいれ、パリでの大歓迎のあと、6月11日の帰国ではニューヨーク市民の熱烈な出迎えをうけた。

●1927年12月30日 東京に日本初の地下鉄開通(日本)

日本初の地下鉄が上野~浅草間の2.2kmで開業した。現在は営団地下鉄銀座線の一部となっている。建設はのちに「地下鉄の父」とよばれる早川徳次が、1920年に設立した東京地下鉄道株式会社によるもので、25年9月の着工から2年3カ月での開通だった。

---------------------------------------------------
■関連記事

連載目次「Basic English誕生の時代背景」

|

« 連載目次「Basic English誕生の時代背景」 | トップページ | 連載「Basic English誕生の時代背景」(2) »

背景・関連」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。「航空史ブログ」で検索して来ました。詳細な記事ですね~!
突然ですみません・・・。
 私も飛行機などの乗り物に興味があり、よくイラストを
描いたりしますが、有名なリンドバーグの影になりがちな
アメリア・イヤハートにももっと注目が集まれば~と、今回記事ににしました。
もしよろしければ一度遊びに来てみて下さいませ~それではまた!

投稿: ルーシー | 2007/01/14 02:17

ルーシーさん、コメントありがとうございます。
リンドバーグはたまたま年表にあったので、書いてみたのですが、ルーシーさんはとてもお詳しいのですね。また色々教えて下さい。

投稿: →ルーシーさん | 2007/01/27 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45818/12540296

この記事へのトラックバック一覧です: 連載「Basic English誕生の時代背景」(1):

« 連載目次「Basic English誕生の時代背景」 | トップページ | 連載「Basic English誕生の時代背景」(2) »